HOME>注目記事>詳細なものにも気を使い余裕を持った資金計画を

どんなものにどれだけかかるのか

パン

街の人たちに親しまれ、愛されるようなベーカリー開業に憧れる人もいるのではないでしょうか。ベーカリー開業の際には、色々なものにお金がかかります。まずは、ベーカリー店舗を構えるための土地ないし物件の代金です。これに関しては、開業を考えている自治体やエリアによって大きく変動するので、必ず地元の不動産会社を回る等して情報を整理しておく必要があります。次に、物件をベーカリー向けにするための外壁塗装日です。大まかな相場として、30~39坪の建物で100万円程度かかるとされており、凝った塗装にする場合にはこれ以上かかる事がほとんどです。それに加えて、商品のパンをディスプレイ事が出来るような内装工事に500万円程度、必要な厨房設備を全て購入すると、およそ400万円以上かかるようです。

支援してくれる制度はあるか

パン

そのように多額の資金が必要になるベーカリー開業ですが、そのような資金を集めるのは難しいとあきらめてしまう人もいるようです。ただ、一定の条件を満たせばベーカリー開業資金を融資してもらえる可能性があります。その中でも主流なのが、日本政策金融公庫の利用で、新規開業支援や食品製造を対象にした支援制度が充実しています。その他にも、自治体から補助金や助成金という返還不要の支援制度が受けられる場合もあるので、自治体の公式サイト等でくまなく調べてみると良いでしょう。

経営面のアドバイス等のサポートも

パン

そうした金銭面の支援以外にも、ベーカリー開業をサポートしてくれる業者等もあります。どの土地を手に入れれば良いか、どんな商品をメインにすれば良いか、自治体等に提出する書類は何か等といったアドバイスがそうした業者の主な業務内容です。単に美味しいパンを作るだけでは、ベーカリー開業は成功しません。そうした業者に相談して、マーケティング等の知識を付けるという事も成功のために必要です。色々な人や機関の力を借りて、ベーカリー開業を成功させましょう。

広告募集中